【実証】結婚式は本当に人生最良の日になるのか?

結婚し、挙式を控えた花嫁です。

ドレスはやっぱりわくわく

「そんなに、色々、、、着る?!!」

と、そう思っている殿方は多いかもしれません。

前撮りしたり、挙式当日はウェディングドレスだけじゃなくてお色直ししたり。
前撮りは和装が多いそうですが、それも色打掛と白無垢の両方を着るパターンもあったり。

「一体君は何着きるんだ。いくら衣装にお金かけるんだ。」

怒ったり反対したりはしなくても、少々呆れたり、少々イラっとしたり、
めんどくさい、、と思ったり、している殿方もいるかもしれません。

しかしながら、何度も言いますように、これは必要経費です!
そのくらい、お嫁に行く(もらう)って一大事なんだと、
自分の身に降りかかってきて思いました。

長くも短くも感じる人生において、結婚する、結婚式をするってすごく胸がいっぱいになる出来事です。
結婚する相手は、見た目がどんなだろうと、王子様。(絶対)

自分を見つけた、王子様。
だからその日は、その日だけは、お姫様になるんです。

今まで辛いこと、悲しいこと、悔しいこと、色々あったけど、
幼少期に憧れたお姫様になる日が、訪れる。

わたしの中でお姫様といえば間違いなくセーラームーンですけどね。
それはいいとして。

であるからに、ドレスを着る、っていうのはすっごくどきどきわくわくするもの。
だから黙って女の子の指示に従ってください。
着たいものを、着せてください。

前撮りだって、必要です。だって日本人なんだから着物着たいでしょう。
そりゃそうでしょう。
着物も着たいの?!じゃ神前式の挙式にすれば?と思いましたか?
それでもいいけど、じゃあ前撮りでドレスを着ます。
当然でしょう?お姫様なんだから。

年齢は関係ありません。
わたしは35歳ですが、しわも、どうしようもできないたるみもあるけれども、
その歳でピンク??と言われようとも。
好きにさせて!!!!

その変わり、これから先ずっとあなた一人の為に惜しみない愛を送ります。
これはすごいことですよ。
男性から女性へもそうだけど、これがどれほどの安心感か。

愛する人がいるってことでもなんだか強くなれるのです。
わたしは感極まって、夫にこれからずっと守ってあげるね、なんて言ってしまいました。夫からは、俺を看取ってくれ、とも。

はい。

あなたより1日だけでも長く生きて、見送ってあげよう。

だからとにかく、今後の決意と、今までの人生の思い出と一緒に、
美しい姿で再スタートしたい。
それが結婚式だと思います。

だから衣装のことは、ごちゃごちゃ言わない!!!!

それはスーパー無粋ですよ、

際限なく、惜しみなく金をだせということではありません。
彼女のやりたいようにさせてあげよう、という姿勢をみせてください。
そうすると、「わたしの王子様はなんて素敵な人なのかしら!これからのこともあるし、ちょっと冷静になろう」って絶対思いますから。